{"prg_cd":"109844"}
{"prg_cd":"109654"}
{"prg_cd":"105805"}
{"prg_cd":"110483"}
{"prg_cd":"015869"}
{"prg_cd":"109843"}
{"prg_cd":"109633"}
{"prg_cd":"109777"}
{"prg_cd":"109590"}
{"prg_cd":"109737"}
{"prg_cd":"109385"}
{"prg_cd":"109653"}
{"prg_cd":"016456"}
{"prg_cd":"110083"}
{"prg_cd":"110152"}
{"prg_cd":"110153"}
{"prg_cd":"110495"}
{"prg_cd":"017393"}
{"prg_cd":"108863"}
{"prg_cd":"109342"}
{"prg_cd":"012448"}
{"prg_cd":"110438"}
{"prg_cd":"104409"}
{"prg_cd":"108761"}
{"prg_cd":"110091"}

映画
これが私の人生設計

これが私の人生設計

4/24(月)よる9:00

WOWOWシネマ 初回 字幕版 5.1 PG12指定

5/18(木)午後4:45

WOWOWシネマ 字幕版 5.1 PG12指定

国際的な場で活躍していた女性建築家が故国のイタリアに舞い戻り、男性中心の社会の壁と衝突しながら奮闘するさまを軽妙に描き、本国イタリアで大ヒットした痛快コメディ。

世界を股にかけて活躍し、華々しいキャリアを築いてきた女性建築家のセレーナ。ふと故国が恋しくなってイタリアに舞い戻った彼女が、男性中心の社会の壁にぶち当たりながらも、それにめげることなくどこまでも明るく前向きに自らの道を貫こうと悪戦苦闘。歌手や女優、TV番組の司会としても国民的人気を誇るP・コルテッレージが、そんな愛すべきヒロインを魅力たっぷりに好演して絶賛を博し、本国イタリアで大ヒットを記録した。監督は、彼女の公私にわたる良きパートナーで「ようこそ、大統領!」のR・ミラーニ。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 147

国際的な場で活躍していた女性建築家が故国のイタリアに舞い戻り、男性中心の社会の壁と衝突しながら奮闘するさまを軽妙に描き、本国イタリアで大ヒットした痛快コメディ。

国際的な場で華々しく活躍してきた女性建築家のセレーナ。ふと自分の人生を見つめ直そうと故国のイタリアに舞い戻ってきた彼女だったが、男性中心のイタリア社会ではなかなか思うような仕事に就けず、やむなくレストランでアルバイトを始めたものの、イケメンの店のオーナー、フランチェスコが実は同性愛者と知り、彼女の恋の夢も、はかなく破れるハメに。そんな折、公募中の建築コンペに彼女の案が採用される運びとなるのだが…。

作品データ

  • 原題/Scusate se esisto!
  • 制作年/2014
  • 制作国/イタリア
  • 内容時間(字幕版)/104分
  • ジャンル/コメディ

出演

  • セレーナ・ブルーノ/パオラ・コルテッレージ
  • フランチェスコ/ラウル・ボヴァ
  • ミケーラ/ルネッタ・サヴィーノ
  • ニコラ/マルコ・ボッチ
  • ピエトロ/コラード・フォーチューナ

スタッフ

  • 監督/リッカルド・ミラーニ
  • 製作/フェデリカ・ルチザーノ
  • 製作/フルヴィオ・ルチザーノ
  • 脚本/ジュリア・カレンダ
  • 脚本/パオラ・コルテッレージ
  • 脚本/フリオ・アンドレオッティ
  • 撮影/サヴェリオ・グアルナ
  • 音楽/アンドレア・グエラ
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら

関連特集

特集:イタリア映画最前線!

「イタリア映画祭2017」開催直前!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの