{"prg_cd":"110021"}
{"prg_cd":"110850"}
{"prg_cd":"022406"}
{"prg_cd":"010672"}
{"prg_cd":"110687"}
{"prg_cd":"018140"}
{"prg_cd":"110914"}
{"prg_cd":"110784"}
{"prg_cd":"107482"}
{"prg_cd":"011592"}
{"prg_cd":"105043"}
{"prg_cd":"110689"}
{"prg_cd":"110400"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"015560"}
{"prg_cd":"110756"}
{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"104246"}
{"prg_cd":"110669"}
{"prg_cd":"001547"}
{"prg_cd":"111566"}
{"prg_cd":"111572"}
{"prg_cd":"110250"}
{"prg_cd":"104191"}
{"prg_cd":"111302"}

映画
二重生活(2016)

二重生活(2016)

1/10(水)深夜1:00

WOWOWプライム 5.1 R15+指定

長谷川博己が変幻自在の演技で、門脇麦と演技合戦を繰り広げるミステリードラマ。論文を書くため、理由なき尾行を始めた女子大学院生が、いつしかそれにのめり込んでいく。

小池真理子の同名小説を、NHKで放送された「開拓者たち」「ラジオ」を手掛けた岸義幸監督が、脚本と編集も兼任して映画化。門脇演じる女子大学院生の珠が、長谷川演じる編集者の石坂の尾行を始めてからの展開がスリリングで、まるでアルフレッド・ヒッチコック監督の「裏窓」など、優れたサスペンスを見ているような感覚を味わえる。ある秘密が終盤で明らかになる仕掛けなど、随所に施された凝った演出も見ものだ。珠を尾行という行為に誘う大学教授・篠原役に扮したリリー・フランキーの存在感もすばらしい。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 211

長谷川博己が変幻自在の演技で、門脇麦と演技合戦を繰り広げるミステリードラマ。論文を書くため、理由なき尾行を始めた女子大学院生が、いつしかそれにのめり込んでいく。

大学院で哲学を学ぶ珠はゲームデザイナーの卓也と同棲し、平和な日々を送っていた。ある日、珠は教授の篠原から、論文の題材として“哲学的尾行”の実行を持ち掛けられる。論文のためとはいえ、“理由なき尾行”を行なうことになった珠は、試しに近所の家に暮らす編集者の石坂をターゲットに選ぶ。尾行の中で、妻や娘想いだと思っていた石坂の意外な一面を見た珠は胸の高まりを感じ、いつしか尾行という行為にのめり込んでいく。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/127分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

  • 白石珠/門脇麦
  • 石坂史郎/長谷川博己
  • 鈴木卓也/菅田将暉
  • 篠原弘/リリー・フランキー
  • 石坂の妻/河井青葉
  • 石坂の愛人/篠原ゆき子
  • マンションの管理人/烏丸せつこ

スタッフ

  • 監督/岸善幸
  • 脚本/岸善幸
  • 撮影/夏海光造
  • 音楽/岩代太郎
  • 編集/岸善幸
並び替え
絞り込み
  • 1/10(水)深夜1:00

    二重生活(2016)

    WOWOWプライム

    5.1 R15+指定

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 面白かったです。

    • ★★★☆☆
    • ISHU
    • 2017/09/15 12:07

    長谷川さんが見たくて視聴しました。

    この手の役(不倫)が結構多い気がしますが、相変わらず魅力的で、オーラが増したような。
    (世間では、こういうキャラクターを「
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの