{"prg_cd":"109855"}
{"prg_cd":"111080"}
{"prg_cd":"110864"}
{"prg_cd":"110637"}
{"prg_cd":"002784"}
{"prg_cd":"020018"}
{"prg_cd":"110450"}
{"prg_cd":"107843"}
{"prg_cd":"110998"}
{"prg_cd":"110991"}
{"prg_cd":"019553"}
{"prg_cd":"110666"}
{"prg_cd":"110200"}
{"prg_cd":"110712"}
{"prg_cd":"110910"}
{"prg_cd":"111141"}
{"prg_cd":"021625"}
{"prg_cd":"018030"}
{"prg_cd":"109309"}
{"prg_cd":"109938"}
{"prg_cd":"110147"}
{"prg_cd":"019561"}
{"prg_cd":"110667"}
{"prg_cd":"110488"}
{"prg_cd":"110665"}

映画
ダイ・ファイティング

ダイ・ファイティング

10/19(木)午前5:15

WOWOWシネマ 字幕版 5.1

あるメンバーの妻が誘拐された武術集団が、犯人が作る“リアリティ映画”に出演させられる犯罪アクション。自ら格闘もこなす主演のF・ガルシアが監督・脚本・編集も担当。

主演のガルシアが監督などを兼任し、劇中で自分自身を演じたという、究極のプライベートアクションムービー。登場する武術集団“Zチーム”が本作の製作会社の名前であるのもユニーク。だが、それゆえにマーシャルアーツを得意とするガルシアとその仲間たちの熱演の本気度も高く、俳優たち自身がマーシャルアーツを駆使した格闘場面は迫力たっぷりだ。隠しカメラ風に撮影した“POV”演出も生々しさを高めている。作品のムードが一変してしまう終盤のサプライズにも驚かされるはず。WOWOWの放送が日本初公開。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 89

あるメンバーの妻が誘拐された武術集団が、犯人が作る“リアリティ映画”に出演させられる犯罪アクション。自ら格闘もこなす主演のF・ガルシアが監督・脚本・編集も担当。

ロサンゼルス。中国の少林寺で9年間修業したという武術集団“Zチーム”の4人、ファビアン、ローハン、ディディエ、ジェスは、ハリウッドで成功する夢を持つ。ある日4人でいると突然、ファビアンの携帯電話が鳴る。電話の声の主はファビアンの妻メイルーを誘拐したと告げ、彼女の命が惜しければこれからの指示に従えという。犯人はチームが本物の悪人たちと戦う様子を撮影し、“リアリティ映画”を作るのが目的だと言い……。

作品データ

  • 原題/Die Fighting
  • 制作年/2014
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/91分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

  • ファビアン/ファビアン・ガルシア
  • ローハン/ローラン・ブソン
  • ディディエ/ディディエ・ブソン
  • ジェス/ジェス・アレン
  • メイルー/アデリン・リュー

スタッフ

  • 監督/ファビアン・ガルシア
  • 製作/ローラン・ブソン
  • 脚本/ファビアン・ガルシア
  • 撮影/タリーナ・ヴァン・デン・ドリエチェ
  • 音楽/タラス・トカチェンコ
  • 編集/ファビアン・ガルシア
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの