{"prg_cd":"104752"}
{"prg_cd":"112320"}
{"prg_cd":"109142"}
{"prg_cd":"110625"}
{"prg_cd":"111366"}
{"prg_cd":"112216"}
{"prg_cd":"111631"}
{"prg_cd":"019805"}
{"prg_cd":"111192"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"111373"}
{"prg_cd":"111805"}
{"prg_cd":"111911"}
{"prg_cd":"111746"}
{"prg_cd":"111322"}
{"prg_cd":"112207"}
{"prg_cd":"111698"}
{"prg_cd":"110561"}
{"prg_cd":"111430"}
{"prg_cd":"112180"}
{"prg_cd":"112779"}
{"prg_cd":"014989"}
{"prg_cd":"112149"}
{"prg_cd":"111439"}
{"prg_cd":"112120"}
{"genre_cd":"01"}

映画
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

4/29(日・祝)午前10:50

WOWOWプライム 5.1

5/10(木)午後5:00

WOWOWシネマ 5.1

鈴木亮平が、鍛え上げた肉体を駆使した痛快アクションコメディの第2作。世界中から女性の下着が次々と消える事件が発生? 変態仮面は事件の黒幕である宿敵と再び戦う。

あんど慶周による人気漫画を福田雄一監督が実写映画化したヒーローアクションコメディの続編。今回は千眼美子(清水富美加)演じる愛子にパンティーを返した変態仮面が、素顔の自分との間で葛藤を起こすという、まさにヒーローものの王道的展開。だが“おいなりさん”または“マグナム”を使った必殺技など、下ネタも前作同様満載で大いに笑わせる。一方鍛え抜いた肉体を駆使した鈴木のアクションはどこまでもスタイリッシュで、奇声を発しながら敵を次々に成敗していくその姿は突き抜けた痛快さを味わわせてくれる。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 402
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

鈴木亮平が、鍛え上げた肉体を駆使した痛快アクションコメディの第2作。世界中から女性の下着が次々と消える事件が発生? 変態仮面は事件の黒幕である宿敵と再び戦う。

各地でパンティーが消えるというニュースが世間を騒がせる中、狂介は愛子のパンティーを被り、変態仮面となって悪を成敗していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティーを返してもらうが、彼女と狂介の心は次第にすれ違っていく。一方同級生の正は、いつしか愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていた。愛子を失った狂介は意気消沈するが、ある日、世界中のパンティーが消滅する事件が発生。その裏にはあの宿敵の存在が……。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/118分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
色丞狂介 鈴木亮平
姫野愛子 千眼美子
真琴正 柳楽優弥
大金玉男 ムロツヨシ
色丞魔喜 片瀬那奈
色丞張男 池田成志
キーマン(変態仙人) 安田顕

スタッフ

  • 監督
    福田雄一
  • 脚本
    福田雄一
  • 撮影
    工藤哲也
  • 音楽
    瀬川英史

関連特集

GW邦画スペシャル

邦画の大ヒット作・話題作をたっぷりと放送

平日夜は最新映画!

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

GW邦画スペシャル

邦画の大ヒット作・話題作をたっぷりと放送

平日夜は最新映画!

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank