{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111375"}
{"prg_cd":"111294"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110423"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"111321"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"110952"}
{"prg_cd":"110968"}
{"prg_cd":"107235"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"111583"}
{"prg_cd":"110813"}
{"prg_cd":"111420"}
{"prg_cd":"111365"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"075521"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"111508"}

ステージ
『クヒオ大佐の妻』 作・演出 吉田大八 主演 宮沢りえ

『クヒオ大佐の妻』
現在、放送予定はありません。

吉田大八監督初の書き下ろし舞台が登場。かつて自身が映画化した実在の結婚詐欺師クヒオ大佐、その妻を描く物語を宮沢りえ主演で演出。度肝を抜くラストシーンは必見。

クヒオ大佐の妻を主人公にした舞台を放送する。
クヒオ大佐に妻がいるらしいと知って作品化を思い立ったのが映画監督の吉田大八。吉田は2007年に監督として『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で長編映画デビューを果たし、2012年の『桐島、部活やめるってよ』が第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞と最優秀作品賞ほかを受賞。2009年には『クヒオ大佐』も手掛けている。本作は彼にとって「ぬるい毒」に続く舞台2作目で、オリジナル脚本の書き下ろしは初挑戦となる。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

吉田大八監督初の書き下ろし舞台が登場。かつて自身が映画化した実在の結婚詐欺師クヒオ大佐、その妻を描く物語を宮沢りえ主演で演出。度肝を抜くラストシーンは必見。

クヒオ大佐とは、1970年から90年代にかけて“米空軍パイロットで、カメハメハ大王の子孫で、エリザベス英女王の親類”を自称し何人もの交際女性から多額の金を騙し取った結婚詐欺師。ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐を名乗っていたが、れっきとした日本人だ。そんなクヒオ大佐に妻がいるらしいと知って作品化を思い立ったのが映画監督の吉田大八。吉田が主演に選んだのが映画、舞台、ドラマ、CMと多方面で活躍中の宮沢りえだ。吉田の監督作品『紙の月』に宮沢が主演して以来交流を続けていた2人が、クヒオ大佐の話題で盛り上がり企画が始動したという。クヒオ大佐の妻や周囲の人々の姿を深く鋭くえぐった本作、特に驚愕のラストシーンは必見だ。
【ストーリー】
古いアパートの一室に一日中ミシンを踏む女・早川夏子(宮沢りえ)がいた。彼女は洋裁の腕を頼りに生計を立てている。その部屋に宅配便業者の男・今井(岩井秀人)が荷物を届けるが、今井は偶然にも夏子の過去を知っていた。彼は夏子と同じアパートに住む少年・シンイチ(水澤紳吾)から夏子の夫が“クヒオ大佐”だとの噂話を聞く。実はそのアパートの部屋には、クヒオに騙されたという女・佐知江(川面千晶)が監禁されていた。夏子はひたすらクヒオを信じて待つ。
やがて、部屋はさまざまな奇跡で満たされていく。

出演

  • 宮沢りえ
  • 岩井秀人
  • 川面千晶
  • 水澤紳吾

スタッフ

  • 作・演出/吉田大八

収録日・場所

  • 2017年5月31日/東京 東京芸術劇場 シアターウエスト
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの