メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

  • TOP
  • 結果・順位

RESULT

第33節

結果

ホーム スコア アウェー
セビージャ 2-0 グラナダ
マラガ 2-0 バレンシア
ビジャレアル 2-1 レガネス
オサスナ 2-2 S・ヒホン
エスパニョール 0-1 A・マドリード
R・ソシエダ 1-0 デポルティーボ
セルタ 0-1 ベティス
ラス・パルマス 1-1 アラベス
R・マドリード 2-3 バルセロナ
エイバル 0-1 A・ビルバオ

PAGE UP

順位表

順位 クラブ名 勝点 勝敗
1バルセロナ7523勝6分4負
2レアル・マドリード*7523勝6分3負
3アトレチコ・マドリード6820勝8分5負
4セビージャ6519勝8分6負
5ビジャレアル5716勝9分8負
6アスレティック・ビルバオ5517勝5分11負
7レアル・ソシエダ5317勝4分12負
8エイバル5014勝8分11負
9エスパニョール4913勝10分10負
10セルタ*4413勝5分14負
11アラベス4411勝11分11負
12バレンシア4011勝7分15負
13ラス・パルマス3910勝9分14負
14レアル・ベティス3710勝7分16負
15マラガ369勝9分15負
16デポルティーボ317勝10分16負
17レガネス276勝9分18負
18スポルティング・ヒホン235勝8分20負
19グラナダ204勝8分21負
20オサスナ183勝9分21負
  • ※1~4位:チャンピオンズリーグ出場
  • ※5~7位:ヨーロッパリーグ出場
  • ※18位以下の3チームが2部へ降格
  • ※「*」マークのチームは消化試合数の少ない暫定順位

PAGE UP

得点ランキング

順位 選手名 得点
1 メッシ(バルセロナ) 31
2 ルイス・スアレス(バルセロナ) 23
3 C・ロナウド(R・マドリード) 19
4 イアゴ・アスパス(セルタ) 16
4 グリーズマン(A・マドリード) 16

もっとみる

PAGE UP

レビュー

リーガ・エスパニョーラは33節を終え、残り5試合。レアル・マドリード対バルセロナの伝統の一戦、クラシコは3ー2とバルセロナが死闘を制した。アトレティコ・マドリードはアウェーでエスパニョールと対戦し、1ー0と勝利を挙げている。セビージャはホームにグラナダと対戦し、2ー0と勝ち点3を積み上げ、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ向けひた走る。ビジャレアル対レガネスの一戦は2ー1とビジャレアルが勝利を挙げている。

R・マドリードが宿敵に引導を渡すか、バルセロナが逆に並び掛けるか 天王山“クラシコ”で2強が激突

サンティアゴ・ベルナベウで行われた伝統の一戦クラシコ。ホームのR・マドリードのスタメンは、GKケイラー・ナバス、DFカルバハルセルヒオ・ラモスナチョ・フェルナンデスマルセロ、中盤にはモドリッチカゼミーロクロース、前線にはベイルベンゼマクリスティアーノ・ロナウド。バルセロナは、GKテア・シュテーゲン、DFセルジ・ロベルトピケウムティティジョルディ・アルバ、中盤にはラキティッチセルヒオ・ブスケツイニエスタ、前線にはメッシルイス・スアレスパコ・アルカセルという布陣で臨む。最初のシュートは前半6分、右から切り込んだC・ロナウドの左足のシュート、これはT・シュテーゲンの正面。前半11分、J・アルバからの折り返しにL・スアレスがトラップからシュート、これは惜しくも枠左へ。前半20分、左からエリア内に侵入したC・ロナウドのシュートはT・シュテーゲンが左手一本の好セーブ。そして前半28分、右からのCKはクリアされ、マルセロがクロス、これにS・ラモスが右足でシュート。右ポストにあたり流れるも、カゼミーロがつめ、R・マドリードが先制に成功する。バルセロナも前半33分、S・ブスケツからの縦パスをラキティッチが折り返し、L・スアレスがスルー、メッシがトラップからDFを一人かわしてゴールに収め、バルセロナが同点に追いつく。前半38分、中央からモドリッチのシュートはT・シュテーゲン好セーブ。両チームまったくの互角、前半を1ー1で折り返す。後半立ち上がりの3分、マルセロからの折り返しをクロースがシュート、これはT・シュテーゲン右手一本の好セーブで阻む。後半8分、縦パスに抜け出したマルセロからの折り返しにベンゼマが頭で合わせるも、これもT・シュテーゲンが左足一本のスーパーセーブで立ちふさがる。後半11分、J・アルバからのクロスにラキティッチが触るとP・アルカセルがトラップからシュート、これはK・ナバスが右足一本の好セーブで阻む。後半14分、CKにピケが頭で合わせるもK・ナバスの好セーブ。後半22分、ベンゼマの縦パスに抜け出した途中出場のアセンシオからのグラウンダークロスにゴール前C・ロナウドの右足シュートは枠上へ。R・マドリード決定機を決められず。後半23分、イニエスタからの右アウトのクロスにL・スアレスが右足で合わせるもK・ナバスが好セーブで阻む。後半25分、両チームがカードを切る。P・アルカセルに代えてアンドレ・ゴメス、カゼミーロに代えてコヴァチッチを投入。すると後半28分、こぼれ球を拾ったラキティッチが右で打つと見せて切り返し、左足シュート、これが左サイドネットに収まり、バルセロナが逆転に成功する。さらに後半32分、メッシを倒したS・ラモスに一発レッド、R・マドリードは一人少ない戦いを強いられる。猛攻を仕掛けるバルセロナは後半35分、ワンツーで抜け出したA・ゴメスの折り返しにピケがトラップからシュートもK・ナバスが立ちはだかり、決定機を決められず。すると後半40分、マルセロからの折り返しにハメス・ロドリゲスが左足で合わせ、R・マドリードが同点。それでもバルセロナはアディショナルタイム2分、自陣からS・ロベルトが速攻に抜け出しA・ゴメスへ、そしてオーバーラップしたJ・アルバの折り返しに上がってきたメッシが合わせ、土壇場で勝ち越しに成功。試合はこのまま3ー2とバルセロナが死闘を制している。

3位争いに踏み止まりたいセビージャ、残留に望みを繋ぎたいグラナダを迎え撃つ

セビージャは同じくアンダルシア州のグラナダをサンチェス・ピスフアンに迎え撃つ。試合は前半4分、ガンソがトラップでうまく前を向くと前線へ縦パス、これに抜け出したヨヴェティッチからの折り返しをガンソがトラップから左足でゴール右へ決め、セビージャ先制。さらに後半開始早々の1分、中央左からエリア内縦へ抜け出したサラビアからの折り返しにガンソが右足で合わせ、2ー0。試合はこのまま、セビージャが2ー0と勝利を挙げている。

EL出場に向けて尻に火が付いたビジャレアル、残留に向けて予断を許さぬ状況が続くレガネスを迎え撃つ

ビジャレアルはホームに降格圏にほど近いレガネスを迎え撃つ。試合は後半23分、ブルーノ・ソリアーノが縦パス、ロベルト・ソリアーノはトラップからさらに縦パス、これをソルダードが中央へヒールで落とすとバカンブがゴール左へ流し込み、ビジャレアルが先制。レガネスも後半45分、ロングボールのこぼれ球をブエノが右へ流し、ゲレーロが落ち着いて決め、土壇場で同点。そのわずか2分後、エリア外中央左からのジョナタン・ドス・サントスの右足高速クロスにバカンブが合わせ、試合終了間際に勝ち越しに成功。試合はこのまま2ー1とビジャレアルが逃げ切っている。

CLで2季連続のベスト4入りを果たしたA・マドリード、EL出場権争いに加わったエスパニョールと対戦

A・マドリードはアウェーでエスパニョールと対戦。試合は終盤の後半28分、エスパニョールDFのクリアが小さくなったところをサウールがトラップからシュート、こぼれ球が流れたところを角度のないところからグリーズマンが左足ダイレクトでGKのニアを抜き、A・マドリードが先制。試合はこのまま、1ー0と粘り強く戦ったA・マドリードが勝利を奪っている。

EL出場に向け熾烈な争いを繰り広げるA・ビルバオとエイバルが激突する大一番

ともにバスク地方の戦いとなったエイバル対A・ビルバオの一戦。注目の乾貴士はスタメン出場を果たす。試合は後半11分、乾のパスミスに抜け出したムニアインを後ろからファウルで倒したエスカランテに一発レッドカード。選手交代を迫られるエイバルは後半14分、その乾に代わり、リベラが投入される。すると後半17分、A・ビルバオは左からのクロスにラウール・ガルシアが左足ボレーで合わせるも、左ポストを叩きゴールならず。そして試合終了間際、FKのこぼれ球をR・ガルシアがダイレクト右足ボレーでねじ込み、A・ビルバオが1ー0と試合を制している。

続きを読む

PAGE UP