メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

EASTERN CONFERENCE

シカゴ・ブルズ

Chicago Bulls

シカゴ・ブルズ

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    ブルは「雄牛」の意味。イリノイ州は畜産が盛んであったことと、シカゴ所在のMLB、NFLのチーム名も獣の名前であったことから命名された。

  • 創設

    1966年

  • ファイナル制覇

    6回

  • ファイナル進出

    6回

  • アリーナ

    ユナイテッド・センター

  • ヘッドコーチ

    フレッド・ホイバーグ

  • ゼネラル・マネージャー

    ガー・フォーマン



シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 42 40 .512 東9位 不出場
14-15 50 32 .610 東3位 カンファレンス準決勝敗退
13-14 48 34 .585 東4位 1回戦敗退
12-13 45 37 .549 東5位 カンファレンス準決勝敗退
11-12 50 16 .758 東1位 1回戦敗退
2016-17の展望

 昨季はキャブスの対抗馬に挙げられながら、まさかのプレーオフ逸という屈辱的なシーズンになった。その後を受けて迎えた今オフ、FAになったパウ・ガソル、ジョアキム・ノアを引き止めず、デリック・ローズ、マイク・ダンリービーをトレードするという大ナタを振るった。特に地元出身のスーパースターだったローズを放出した衝撃は大きく、ここでブルズにとって一つの時代が終わったと言って良い。

 これで今後は若手タレントを中心に再建を進めるのかと思いきや、その後にラジョン・ロンド、ドウェイン・ウェイドといったベテランを次々と獲得。結果的にジミー・バトラー、ロンド、ウェイドという極めてアンバランスな“ビッグ3”を完成させ、業界全体を驚かせることになった。

 ペリメーターにタレントが集中したチームが、今季にどんな成果を残すのかは実に読みづらい。昨季11.7アシストで自身3度目のアシスト王になったロンドは、チーム内の武器を上手に生かすことができるか?英雄視されていたマイアミを離れたウェイドは、故郷チームを押し上げることができるか?リーダーシップの面では疑問視されたバトラーは、ブルズを支える真の大黒柱として確立できるか?

 不確定要素が多い中で、このチームを統率するホイバーグHCの力がここで改めて問われる。上手くいけばイーストの上位シード獲得もあり得るが、“ビッグ3”の噛み合わせが悪かった場合、シーズン中に1人が放出される可能性も十分。そういった意味で、最後まで目が離せない波乱のシーズンになりそうだ。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載 

オンエア情報

2017年5月放送予定

5/26(金)午前9:30
キャバリアーズ vs セルティックス
5/28(日)午前9:30
セルティックス vs キャバリアーズ
5/30(火)午前9:30
キャバリアーズ vs セルティックス

NBA観るならWOWOW! ファイナルまで徹底放送! ご加入はこちら

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!