25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

WESTERN CONFERENCE

ポートランド・トレイルブレイザーズ

Portland Trail Blazers

ポートランド・トレイルブレイザーズ

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    「トレイルブレイズ」は山林や未開地での目印のことで、その目印をつける人「トレイルブレイザー」は転じて開拓者の意味になった。オレゴン州ポートランドは開拓者の街として有名だったことから命名。

  • 創設

    1970年

  • ファイナル制覇

    1回

  • ファイナル進出

    3回

  • アリーナ

    モーダ・センター

  • ヘッドコーチ

    テリー・ストッツ

  • ゼネラル・マネージャー

    ニール・オルシェイ



シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 44 38 .537 西5位 カンファレンス準決勝敗退
14-15 51 31 .622 西4位 1回戦敗退
13-14 54 28 .659 西5位 カンファレンス準決勝敗退
12-13 33 49 .402 西11位 不出場
11-12 28 38 .424 西11位 不出場
2016-17の展望

 ラマーカス・オルドリッジが抜けて1年目の昨季は下位低迷確実かと思われたが、44勝を挙げてポストシーズン進出という大健闘をみせた。しかもプレーオフ第1ラウンドではクリッパーズに勝利。事前の予想を上回るという意味ではリーグNo.1の成果を上げたと言っても大げさではない。

 躍進の原動力となったデイミアン・リラード(昨季平均25.1得点、6.8アシスト)、CJ・マッカラム(同20.8得点、4.3アシスト)のガードデュオが今季も主軸になる。特にリラードにはフランチャイズを背負って立つ選手としての自覚が感じられ、今後も大黒柱としての働きが望めるはずだ。

 ただ、問題はサポーティングキャストが向上できるかどうか。今オフにマイヤーズ・レナードと4年4100万ドル、アレン・クラブと4年7500万ドルで再契約し、エバン・ターナー(4年7000万ドル)、フェスタス・イジーリ(2年1600万ドル)も獲得。しかし、これらの選手たちはロールプレーヤーであり、ここまでの大枚をはたく必要があったのかは微妙なところだろう。すべての補強の後で、インサイドの得点力という課題が解消されていないのも気になる。

 ニール・オルシェイGM、テリー・ストッツHCの間の意思統一も計られているだけに、今季も昨季同様程度の勝ち星は稼ぐかもしれない。しかし、それ以上の伸びしろが見出しづらいのも事実。去年からの課題だったディフェンスの甘さをつかれ、一転してプレーオフ圏外に転落する危険性も否定できない。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載 

オンエア情報

2017年3月放送予定

3/30(木)午前10:30
ウォリアーズ vs スパーズ

2017年4月放送予定

4/1(土)午前11:15
ロケッツ vs ウォリアーズ

NBA観るならWOWOW! ファイナルまで徹底放送! ご加入はこちら

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!