【大西将太郎コラム#5】海外遠征での過ごし方

  • 2017/12/13

【大西将太郎コラム#5】海外遠征での過ごし方

こんにちは、大西将太郎です。

ワールドカップ2019日本大会まであと2年をきり、各国の準備、強化のスピードが加速してきているように思います。特に、11月はウインドウマンスといわれる月にあたります。ウインドウマンスとは、全世界でテストマッチ月間と定められ、各国の代表同士が試合を行えるようにスケジューリングされていることで、6月と11月の年に2回あるのです。それぞれの国内リーグを見てみると、日本のトップリーグでは試合を休止して、代表選手を除くメンバーでチームの再強化を行う時間に当てられますが、フランスリーグTOP14ではウインドウマンスに関係なくリーグ戦が行なわれます。このように、国内リーグのスケジューリング、運営などはそれぞれの国によって違います。僕の意見ですが、今後トップリーグでもこの期間に試合を行なって良いのではないかと思っています。

さて、我らが日本代表は国内で2試合、世界選抜、オーストラリア代表との試合をこなし、トンガ代表とフランス代表との試合を行うためにヨーロッパ遠征に出ましたね。そこで、今回は代表チームが遠征時において練習や試合以外の時はどのような生活をし、遠征後にはどういった変化がチームに起こっていくのかについて書いてみようと思います。

画像提供:大西将太郎 画像提供:大西将太郎

代表チームとは各チームから選ばれた選手の集まりなので、普段は別々のチームでプレーをしています。そのため、所属チームの時とは違い、性格や人間性などを知り、コミュニケーションを深める時間は多くありません。また、国内合宿だとどこでも言葉は通じますし、それぞれ各地に親戚や友達がいたりするので、普段の生活環境と大きな違いがないため、自分の空間を作ってしまいがちです。

しかし、海外だと食事やホテル、外出先など全ての環境が日本とは違うので自然とチームメイト同士の会話の数も増えてきます。カフェやレストランに出かける時に良くある光景としては、同世代やポジションごとにグループを作る傾向が多いのですが、なぜか僕はよくフォワード、特にプロップの選手と行動を共にする事が多かった思い出があります。理由はわかりませんが、守ってもらえそうだという安心感があったからでしょうか…。余談ですが、僕も遠征では世界各地に行きました。その時に、チームメイトのトンガ出身の選手達は、どの国に行っても、親戚がいたことには驚いた思い出があります。親戚が世界中にいるんです。

外遠征ではだいたいが2人部屋で、毎回ルーミーが誰になるのか気になるところです。思い出されるのは2007年フランスワールドカップの時、事前合宿でイタリアに行きました。そこから、ワールドカップまでほとんどの移動先で僕のルーミーはマンキチさん。マンキチさんとは故・渡邉泰憲さん(東芝ブレイブルーパス FL/フランカー)のことで、今でも僕は信じていませんが、2010年不慮の事故でお亡くなりになりました。そんなマンキチさんは、年下の僕にいつも気を使ってくれる優しい先輩であり、ルーミーでした。しかし驚いたのは、試合では誰よりも体を張り続け、先頭に立ってタックルにいく日本を代表するファイターであるマンキチさんが、夜寝るときには必ず、「天空の城ラピュタ」のDVDを見ないと寝れないという可愛い一面の持ち主だったことです。嘘のような話ですが、1ヶ月間ラピュタを見続けたおかげで、今でも僕の頭には内容が叩き込まれています。きっと、マンキチさんは天国でもラピュタを見ていると思っています。

画像提供:大西将太郎 画像提供:大西将太郎

もう一つ、海外遠征においては、日本で当たり前のことが当たり前ではないこともたくさんあります。例えば、シャワーで湯が出ないことや、水すら出ないことも多々ありました。また、2007年フランスワールドカップ前のイタリア合宿の話になりますが、シャワーからお湯が出なくて、浴槽の湯をためる側の蛇口からしかお湯が出ませんでした。そんな時、大きなラガーマンたちが湯船で四つん這いになり、頭を蛇口の下にもっていき、必死に頭を洗っていた姿は面白くて、可愛いなと今でも笑える思い出です。

このように、練習や試合以外の時間も共に生活することにより仲間との繋がり、相互理解が深まります。ラグビーにおいて、チームメイトの性格や人間性を理解することはとても重要なことです。なぜなら、試合でのコミュニケーションは勝敗を左右するといっても過言ではないからです。

日本代表には、今回の海外遠征を経てベテランと若手が溶け合い、スタッフも含めたチームとしてのまとまりが出来て、戦術、戦略などのラグビーにおける成熟度とは別に、測ることのできないチームの絆の深まりを期待しています。それこそが新生日本代表のスローガンでも使われているように、本当の意味での「One Team」だと思います。


◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「ラグビー フランスリーグ TOP14」
ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。上位チームの試合を中心に毎節2試合放送!

第12節:
ラ・ロシェルvsモンペリエ
12/2(土)深夜2:20~ WOWOWライブ
※12/2(土)夜10:40~ WOWOWメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信
RCトゥーロンvsリヨン
12/3(日)午前4:30~ WOWOWプライム※生中継

■詳しくは、WOWOWラグビーオフィシャルサイトをチェック!
http://www.wowow.co.jp/sports/rugby/

■『WOWOWラグビー公式ツイッター』(@wowow_rugby
WOWOWのラグビー公式アカウントです。WOWOWで放送するラグビーの放送スケジュール、最新ニュース等を中心につぶやいていきます。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの