メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

宝塚への招待

WOWOWライブ
宝塚大劇場での公演はもちろん、
小劇場で行われた人気作も放送!

NEXT

次回のラインナップ

「シトラスの風III」―朝夏まなと×実咲凜音 副音声解説付―

[初回] 2/24(土)よる7:45

「シトラスの風III」―朝夏まなと×実咲凜音 副音声解説付―

1998年の宙組誕生時に上演された、宙組の代名詞ともいえるロマンティック・レビュー。今回は主演の朝夏まなと、そして実咲凜音の副音声解説付きのスペシャル版を放送。

1998年の宙組誕生時に上演された「シトラスの風」。岡田敬二が作・演出を手掛けたロマンチック・レビュー・シリーズ作品の中でも特に人気が高く、宝塚歌劇団が創設100周年を迎えた2014年にも凰稀かなめを中心とした宙組により再演された。今回放送する「シトラスの風III」はトップスター朝夏まなとのために新たなテイストを加えた2015年の上演作品。今回、それぞれ2017年に退団した本作主演コンビ、朝夏&実咲の副音声解説付きスペシャル版でお届けする。当時コンビを組んでいた2人だからこそ話せるエピソードや秘話など、ここでしか聞くことのできない裏話に注目だ。
朝夏は、この年にトップスターに就任し、2017年11月に宝塚歌劇団を退団。現トップスターの真風涼帆も出演しており、宙組新旧のトップが共演している。また、2017年4月に退団した、公演当時トップ娘役だった実咲凜音も出演している。

詳しい番組情報はこちら

FUTURE

今後のラインナップ

「ヴァンパイア・サクセション」(宙組2016年)

[初回] 3/24(土)午後3:00

「ヴァンパイア・サクセション」(宙組2016年)

2018年3月に大劇場お披露目公演を迎える真風涼帆が、トップスター就任前に主演を務めた話題作を放送。真風がヴァンパイアを演じ、ハートフルな物語に挑む。

宙組が2016年に上演した舞台。ヴァンパイアが、不幸な過去を持つ少女との触れ合いの中で命の尊さを知り、「人間」になろうとする物語。これまでの耽美でシリアスなイメージを覆し、さまざまな弱点を抱えつつ21世紀に生きるヴァンパイアの親近感あふれる姿を、コメディタッチでありながらもハートフルに描く。翌年に宙組のトップスターに就任する真風涼帆、同トップ娘役になる星風まどかが共演している。

【ストーリー】
2015年のニューヨークによみがえったヴァンパイアのシドニー・アルカード(真風涼帆)は、700年という時の流れの中で「退化という進化」を遂げ、生血のために人を襲うことも十字架を恐れることもなくなっていた。それどころか、かつての敵であるヴァンパイア研究家の末裔ノイマン・ヘルシング(愛月ひかる)とも友情を育み、記者兼小説家のノイマンに、自らが過去に見聞きしてきた出来事をネタとして提供する日々。
そんなある日、ヘルシングの小説出版記念を兼ねたハロウィーン・パーティーに参加したアルカードは、歯科医を目指す大学生ルーシー・スレイター(星風まどか)と出会う。彼女は911の同時多発テロで両親を失っていた。ルーシーと行動をともにし、さまざまな人と出会ううち、アルカードの中で人間になりたいという欲望が高まる。だが、それは「永遠の命」を持つヴァンパイアにとって「自殺」に等しいことだった。

詳しい番組情報はこちら

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

閉じる