メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

宝塚への招待

WOWOWライブ
宝塚大劇場での公演はもちろん、
小劇場で行われた人気作も放送!

NEXT

次回のラインナップ

「Greatest HITS!」―早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付―

[初回] 5/26(土)午後5:25

「Greatest HITS!」―早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付―

今年度の「宝塚プルミエール」のナレーターに就任した早霧せいな。彼女率いる当時の雪組のエネルギッシュなショーを、ちぎみゆコンビの副音声解説付きで放送。

2016年に雪組が上演した、人々の心を酔わせ、躍らせる名曲の数々で構成するショーグルーヴ。熱いエネルギーを放つソウルミュージックに乗せて繰り広げるプロローグに始まり、誰もが知っているクリスマスソングで綴るシーンなど、それぞれの時代に燦然と輝き、今なお愛され続ける楽曲に乗せたショーがステージ上に現出する。
雪組を率いるのは、当時トップスターで、2018年4月より宝塚歌劇情報番組「宝塚プルミエール」のナレーターを務める早霧せいな。クールでありながらもホット、そしてセクシーな魅力を持つ早霧と雪組が、きらめくハーモニーと情熱的なダンスを披露する。

詳しい番組情報はこちら

FUTURE

今後のラインナップ

「金色の砂漠」(花組2016年)

[初回] 6/30(土)よる6:00

「金色の砂漠」(花組2016年)

演出家・上田久美子が2016年に手掛けた、宝塚大劇場では2作目になるオリジナル作品を放送する。砂漠の中の古代王国を舞台にした、名作の呼び声高いミュージカル。

舞台は砂漠の中の王国。王女と奴隷という、超えられぬ身分の前で曲折する愛の形を描く。本作は「トラジェディ・アラベスク」と銘打たれているが、作と演出を手掛けた上田久美子は、「“アラベスク”の唐草模様というイメージから、絡み合った因果応報の“トラジェディ(悲劇)”という意味を込めた」と語る。奴隷ギィ役をトップスターの明日海りお、王女タルハーミネ役をこの作品の東京宝塚劇場公演千秋楽で退団したトップ娘役の花乃まりあが演じた。

【ストーリー】
砂漠の古代王国イスファンは、隊商の行き交う城郭都市。少年のギィ(明日海りお)は、自分がどこから来たのかも知らず、王女タルハーミネ(花乃まりあ)の奴隷として育てられた。常にタルハーミネに付き従って世話をする彼は、やがて美しく傲慢な彼女に心惹かれるようになる。
タルハーミネは、ギィを憎からず思っていたが、王女という立場と何より自尊心が奴隷を愛することを許さない。タルハーミネはわざと高圧的な態度でギィを虐げる。奴隷でありながらも誇り高いギィは、そんな王女を自ら仕掛けた恋の前に屈服させたいと激しく想いを募らせていく。ギィの怒りにも似た愛は、やがて報復の嵐となってタルハーミネと王国をのみ込んでいくのだった。

詳しい番組情報はこちら

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

閉じる

blank